技術支援サービス

リバースエンジニアリング

図面の無い部品や金型のCAD図面化及び加工・評価

  • 01

    レーザスキャナやX線CT装置により外部及び内部の形状を忠実に再現

  • 02

    高度な計測技術を活用した正確なモデリング

  • 03

    3Dプリント・樹脂成形・切削加工等の様々な出力方法で試作品を製作

技術支援サービスの事例

01

リバースエンジニアリング(3Dスキャン・精密計測・3Dモデリング)から試作品の製作、動作確認や各種評価に至るまでワンストップでのご対応が可能。

01

レーザスキャナやX線CT装置を用いて部品・製品の形状のSTLデータを取得。

02

Geomagic Design Xを用いてメッシュデータを修正。

03

再現の要求が厳しい箇所は高精度三次元測定機や形状測定等により正確な寸法・形状データを取得。

04

Geomagic Design XとSOLIDWORKSを用いてソリッド化・CAD図面化。

05

部品・製品の形状・材質を再現可能な出力方法にて試作品を製作。

06

試作品を使用した動作確認や物性評価、耐久試験等を実施。

02

使用頻度の低い金型を電子データで保管するためのCAD図面化や、修正の繰り返しで図面が無い金型についてのCAD図面化が可能。

高度な計測技術・装置を保有しているため、計測データを図面に反映させることで金型の形状を正確に再現することが可能です。

樹脂の射出成形につきましては、製作した3Dデータを使用して樹脂流動解析やパラメトリック最適化等のCAE解析を行うことで、金型の修正や製作にかかる時間を短縮することが可能です。

本サービスの目的

近年、ものづくりの工程において図面の無い部品・製品・金型からCAD図面を起こし、その3Dデータをもとに試作品を製作したり、CAE解析を行うといった機会が非常に増えています。こうした3Dデータの作製・修正は重要な工程ではありますが、本来の開発業務には大きな負荷となる工数作業でもあります。
当社ではリバースエンジニアリングの工程を受託サービスとして実施するだけでなく、評価技術と加工技術を組み合わせてより幅広い工程についてご対応できる体制を整えております。

設備

リバースエンジニアリング技術支援サービスでは下記の設備を使用します。

設備名 メーカー 型式
3Dレーザースキャナー ㈱ニコン MMDx50(MCA Ⅱ 8ft-7軸)
X線CT装置 ㈱ニコン XT H 225 ST
CNC三次元測定機 ㈱ミツトヨ Crysta-Apex S9168
表面粗さ・輪郭形状測定機 ㈱東京精密 SURFCOM 1500DX-3DF
3Dモデリングソフト 3D Systems社 Geomagic Design X
3DCADソフト Dassault Systemes社 SOLIDWORKS
3Dプリンタ(樹脂) Markforged Markforged X7
3Dプリンタ(金属) Markforged METAL X
切削加工機 Roland社 MDX-50
引張圧縮試験機 ㈱島津製作所 AG-20KNX Plus
疲労試験機 インストロン E10000
恒温恒湿試験機 ETAC FX724PH
冷熱衝撃試験機 ㈱日立製作所 ES-106LH

技術ブログ

CONTACT

お問い合せ

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

スピード回答可能

無料お見積りは
こちらから