BLOG

技術ブログ

樹脂成形技術

2019.10.24

樹脂流動解析ソフト『3D TIMON』のご紹介

関連キーワード
3D TIMON
CAE解析
そり変形要因
そり解析
コンター図
プラスチック成形
不良予測トライ回数の削減
保圧解析
充填解析
可視化
射出成形
樹脂流動解析
繊維配向解析
開発期間の短縮

射出成形品の3Dモデルを使用して金型内部の溶融樹脂の流れを計算し、各種成形不良を予測するCAEソフトウェア『3D TIMON』をご紹介します。

ソフト情報・解析手順

ソフト情報

【メーカー】東レエンジニアリング株式会社
【ソフト名】3D TIMON 10 R6.0
【入力ファイル】 STLファイル、STEPファイル

解析手順

手順①

解析対象形状をメッシュ分割します。
※メッシュ分割することで、解析対象形状を「小さな単純形状の集合体」に表現でき、コンピューターで計算ができるようになります。

手順②

【充填時間】【射出圧】【保圧力】【保圧時間】【冷却時間】【樹脂温度】【金型温度】【樹脂データ】など、必要な条件を設定します。

手順③

計算開始。コンピューターが自動計算します。

解析結果

充填パターン(動画)

樹脂温度(動画)

ウェルド会合角 (溶融樹脂同士がぶつかる角度)

ガラス繊維配向

成形後のそり(例:Z方向)

まとめ

3D TIMONのような樹脂流動解析ソフトを活用することで、設計段階での成形不良の予測が可能となります。その結果、金型修正回数・試作回数の削減を通じ、開発期間の短縮・コスト削減が可能になります。

近年、CAE解析は必要不可欠なツールになってきておりますが、ソフトもパソコンも高価で工数もかかります。CAE解析のみのご依頼も喜んで承りますので、実成形でのお困りごとも含め、興味を持たれた方はお気軽にお問合せください。

CONTACT

お問い合せ

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

スピード回答可能

無料お見積りは
こちらから